バツイチ女性の心理が気になる男性のための入門サイト!

プロポーズ

プロポーズする前の注意

バツイチ女性は、恋愛はともかく、結婚には躊躇しがちです。

でも、下のような準備をしておくと、彼女の精神的な負担も和らぎ、
あなたが彼女と本当に結婚したいことが伝わります。

これから幸せになってもいいかもと思えるようになるでしょう。

○本人が話したければ、前の結婚のこともよく聞いておく

彼女があなたに離婚したことは伝えていても、
詳しいことまでは話していないことでしょう。

つきあいの中で聞いていても、
彼女がいま、気持ちの中でそれをどう受け止めているか、
本人が話したいと思っていたら、聞いておきましょう。

その際、あなたの受け止め方にもよりますが、

許容できるなら、一緒に癒してあげたいと、
過去にどんなことがあっても、今の彼女が好きで、
今の君と将来を作っていきたいのだと、しっかり伝えましょう。

女性はこのように、はっきり示してもらいたいもの。
それだけで、何十年もがんばれてしまうものなのです。

○彼女に子どもがいる場合、子どもの意見も尊重する

既に彼女の子どもに会っていると思いますが、
結婚した場合、子どもともゆっくり家族になっていくつもりだと
はっきり伝えましょう。

子ども側の気持ちも聞かなければなりません。

交際の段階で、子どもとも関係をうまく築いていれば、
基本的に急に結婚に反対することはないでしょう。

○結婚式にこだわりをもたない

もともと結婚式は新婦と周囲の人のためのもの。

バツイチ女性の心理として、
再婚の際に派手な結婚式を挙げたがらないことがあります。

あなたにもともとこだわりがなければ問題ありませんが、

あなたに会社関連のしがらみがある場合でも、
地味目披露宴にとどめる配慮をしてあげましょう。

もちろん、新婦側が普通にしたければ、それに応じてあげましょう。

○自分の親を先に説得、周囲の心ないひと言から守る

あなたの両親が、あなたの結婚について心配するのは当然。

特に相手に子どもがいる場合など、
親の方が反対することも考えられます。

特に、あなたの親の反対は、彼女にとって脅威にもなります。

はじめにはっきりと親に「離婚歴のある人だけど、結婚したい」
「こんなにいい人で、前の離婚は仕方なかった」と、
親を安心させて結婚の布石を敷いておきましょう!

また、親戚や知人友人の反対・好奇の目、
「今度は大丈夫?」などといった皮肉等からも、
彼女を守ってあげなくてはなりません。

バツイチ女性がいくら大人でも、
「貞淑でない女」「失敗品」のように言われることもあります。

そのような状況を目の当たりにしても、黙って放っておくだけだと、
「この人、私がこう言われても平気なんだな」と、不信感を抱きます。

まだまだ女性として魅力たっぷり、優しさたっぷりのバツイチ女性。
決して逃すことなく、一緒に幸せになりましょう!


powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

光熱費削減効果