バツイチ女性の心理が気になる男性のための入門サイト!

子持ちバツイチ

子持ちバツイチの心理

>>ひょっとしたら、あなたの求めている人は、

子持ちバツイチ女性の中にいるかもしれません...


特に小さい子どもがいるバツイチ・シングルマザーは、
異性に対してはやはり、さらに消極的になります。

ただでさえ、前項のように、
恋愛や結婚に対して構えているのに、

さらに子どもという負担を好きな相手に負わせることになるので、


「どうせもうムリ」と、初めから恋愛も結婚もあきらめ、

むしろ拒否していることもあります。


また、子どもがいるので、どうしても現実的にならざるを得ません。

ひとりで子どもを育てなきゃと、強がってがんばっていることも・・・。

子持ちバツイチ女性が気にすること

子持ちのバツイチ女性が恋愛をするときは、
前項に加え、以下の点も気にします。



経済的な生活維持


再婚してどうにか養ってもらおうと思うような女性は、
あまりに現実的すぎますが、

そうでなくても、ほとんどのシングルマザーは
今現在、ひとりで子どもを育てなくてはなりません。

常に経済危機に直面しているのが現状です。

親の援助や十分な養育費・手当等をもらっていれば格別、
通常は平気な顔をしていても、心の中ではいつも不安。

必死で持ちこたえていて、恋愛するエネルギーもほとんどありません。



子どもと彼との相性


最終的に、彼女は子どもを守らなければならないのです。

その点は、単純な恋愛とはわけが違い、
初めから「疑似家族」を作っていく必要があります。

特に子どもがまだ小さい場合、大好きな彼と子どもが、
これからゆっくり家族に近い関係になって欲しいと願います。

もし、子どもが反対したら、それだけでも交際継続は難しくなります。

その点、男性にも度量がなくてはなりません。

嫌がられても、大人の男性としてどっしり構えて、
ゆっくり子どもの心を開いていくことも必要です。



以前の夫との関係


子どもがいなければ前夫は全く関係がなくなりますが、
子どもがいる場合は、その父親であり続けます。

子どもを会わせるため、時には彼女本人も相手と会う可能性があります。

また、養育費を受け取っていることもあります。

それをあなたがどう感じるかも気にしています。



子どもへの影響


逆に恋愛がはじまった場合は、

どうしても「結婚」をイメージせざるを得ません。

子どもの面倒を見てもらいたい、と言うことではなく、
子どもと全く関係のないところで、
母親だけが男性と会っている関係はちょっと健全とは言えない…、

きちんとしたいと考える女性も少なくないのです。



いかがでしょう?

現実にひとりで直面して、がんばっていかなければならない彼女。

それを助けてあげる男気が、あなたにあるでしょうか?


>>次は、バツイチ女性の心理を、

実践的に知る方法をご紹介します!


powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

光熱費削減効果