バツイチ女性の心理が気になる男性のための入門サイト!

恋愛観と結婚観

恋愛観や結婚観は?

>>バツイチ女性の気持ち、探りたい人は...


バツイチ女性の多くは、失敗を恐れて、
恋愛や結婚には、あまり積極的にはなれません。

相手からよほど純粋なアプローチがなければ、
もう結婚する勇気はないんじゃないか、と言う人さえいます。

バツイチ女性の恋愛観や、結婚観

バツイチ女性の恋愛観・結婚観には、

以下のような特徴が挙げられます!


自分に「結婚にむいていないのでは」

という引け目がある


バツイチの男性も女性も、
ひとりの異性に添い遂げられなかった自分に対して、
他の人が思うよりもずっと大きく自信喪失しています。


また、離婚の際に修羅場をくぐったのなら、
それも大きな心の傷になっています。


好きな人ができても過去が恐怖となって残り、素直には行動できません。

「幸せになりたい。けど…」とという激しいジレンマの中にいます。

「あの時、ああすれば良かった」

などと過去の自分を責める


一途であればあるほど、前の結婚に悔いが残ります。

他の人から見ると、仕方のないことでも、
「私がこうしなければよかったのか」と、
自問・自責がじくじくと残って、本人を苦しめます。

そんなときは、知らんぷりせず、
「責めてしまうのは仕方ないけど、君は悪くないんだよ」と
根気強く支えてあげましょう。



さみしさが続いているので、

異性のことは気になっている


生活全体に孤独なうら寂しさを感じます。

それまでどんなものにせよ家庭があったのに、
それがなくなり、これからずっとひとりかもと思うためです。


人恋しさ、という意味で異性を求める気持ちは、
ないわけではありません。


でも、それとは裏腹に、自分も相手もまた傷つく結果になったらどうしよう、
と、とっても怯えている状態です。



甘えベタ

「自分ひとりでがんばっていかなきゃ」


「(金銭的にも精神的にも)男性に頼りきる暮らしはやめよう」と、
人生への「覚悟」ができることも多くあります。


しかし逆に、なかなか人に甘えることができなくなり、
ひとりでがんばりすぎてしまうことも多くあります。



恋愛だけでもいい


バツイチ女性は、少なくとも初婚女性のように
「○○歳までに結婚したい!」というような結婚願望は
持っていないことがほとんど。

結婚はもうこりごり、と思うか、また結婚したいけど今度は慎重に、
と思うかのどちらかです。

どちらにしても、結婚に対しては「慎重派」。

いい恋愛をする中で、もし自分の心がほぐれて、
いい人がいれば、と考えます。



対象に「現実的に自分に合う人」を求める


もし、バツイチ女性が婚活をするとしても、


身の程を痛いほど知っているので、初婚女性のように、

分不相応な高望みをすることはありません!


等身大に、「幸せな結婚生活をするための相手」として、
相手の外見は二の次、真面目に働いて平均的な給料があればよく、
内面的な相性や、生活に対する考え方を重視してきます。

前の結婚で、セックスレスで悩んだ人などは、
性的なことの考え方についても、相性を見ているかもしれません。


いかがでしょうか。

バツイチ女性は、初婚女性とは違う意味での、
精神的な男性の支えが必要なのです。


>>では、子どものいるバツイチ女性は

どのように考えているでしょうか?


次で見ていきましょう。


powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

光熱費削減効果